LUNAR さんぽする学園


発売日:1996年1月12日
ジャンル:RPG
メーカー:ゲームアーツ
定価:5,800円
人数:1

MCD版「LUNAR ザ・シルバースター」の壮大で重厚なシナリオとは一転して、魔法学園が舞台となるほのぼのとした外伝的位置づけのRPG。本家LUNARシリーズとの関連性は薄め。

田舎町に暮らす少女エリーとレナの二人が空飛ぶ魔法学園で魔法を学びながら成長していくストーリー。進行は全12章の章仕立てになっており、基本的にはお使い型のクエストをこなしながら進んでいく。一定のレベルに達してから学園の先生に話しかけることで、新たな魔法を習得できる。

フィールド上で何もせずに立ち止まっているとMPが回復していくため、強力な魔法も遠慮なく使うことができる反面、その特性から戦闘を行っては立ち止まりを繰り返すことになり、テンポが妨げられがち。

画面の端まで行かなければスクロールしなかったり、メニュー表示時に若干時間がかかるなどユーザビリティ面で若干の難はあるものの、そこに慣れてくれば全体的なバランスは良好。手軽にゲームギアで楽しめるRPG。

後に「魔法学園ルナ」としてセガサターンでリメイクされた際にストーリーやシステムが大きく改変され、ほぼ別物の雰囲気に仕上がっている。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー