チャックロック


発売日:1992年10月30日
ジャンル:アクション
メーカー:セガ
定価:3,500円
人数:1

海外製の横スクロールアクションゲーム。プレイヤーは「太り過ぎの原始人」チャックロックとなり、動物や恐竜などの古代生物を倒しながら進んでいく。攻撃方法は膨らませた腹と飛び蹴りで、それぞれ極めてリーチが短い。特に飛び回る敵に対して攻撃を当てるのは容易ではな、絶妙なタイミングと動体視力を求められる。そもそも全体的に妙に縦長なキャラクターのデザインは、その縮尺が本当に正しいのか謎。敵の攻撃やトラップに当たるとダメージを受けて器の中にあるハートが小さくなっていき、全て空になるとミスとなる。全4ステージのエリア最後には、マンモスや恐竜など巨大なボス戦が待っている。ステージの背景はいずれも真っ黒で、作り手の思惑通りかそうでないのか、キャラクターのビジュアルに反して独特のダーク世界観が滲み出てしまっている。

ステージ自体は岩を持ち上げて移動させて足場にしたり、ワニをジャンプ台にしたり飛び跳ねるカエルの上に乗って高く飛び上がったりと仕掛けが豊富。一方で仕掛けがポツンと置いてあるのみでヒントが少ないため、それらの使い方が分からずに戸惑う可能性もあるが、極端に短いリーチに慣れさえすれば操作性も良く全体的な仕上がりは良好。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー