モータルコンバット 神拳降臨伝説


発売日:1993年12月17日
ジャンル:格闘
メーカー:アクレイムジャパン
定価:4,800円
人数:1〜2

今では海外の対戦格闘ゲーム代表格であるモータルコンバットのゲームギア版。プレイアブルキャラクターは6人。

オリジナルを無理やりゲームギアに移植した感の強い作品。古き良き洋ゲー独特の大味さから、当時の国産タイトルと比較すると格ゲーの体を成しておらず、キャラクターこそ実写に寄せた(ギリギリ)リアルなデザインになっているが、そこに注力し過ぎたためか動きはカクカク、同ジャンルにおいて最も重視されるべき当たり判定も大雑把。そのため攻撃はワンパターンになり、格ゲーならではの駆け引きはあまり感じられない。

一方、本シリーズの名物であるとどめの必殺技「フェイタリティ」はこの頃から健在。相手の体力を全て削り最後にコマンド入力に成功すると、脊髄ごと首を引っこ抜くといった残虐な決め技であるフェイタリティ。当時同じく移植されたスーパーファミコンにおいてはマイルドなものへ変更がなされたものの、なぜかメガドライブ、そしてこのゲームギア版にはまんま移植。

もちろん当時はCEROといった表現倫理規定など気の利いたレーティングは機能しておらず、パッケージを見て格好良さそうと買ってしまった格ゲー好きのチビっ子達の反応を、今は知る由もない。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー