モンスターワールドII ドラゴンの罠


発売日:1992年3月27日
ジャンル:アクション
メーカー:セガ
定価:3,800円
人数:1

それぞれ攻撃方法や特技の異なるリザードマン、マウスマン、ピラニアマン、ライオンマン、バードマンを切り替えながら様々なフィールド、ダンジョンを進んでいくアクションRPG。

前作である「モンスターランド」のボスドラゴンの呪いによってリザードマンにされてしまった主人公が、自身のかけられた呪いを解くため冒険に旅立つストーリー。途中モンスターや宝箱から入手できるお金を使ってショップで武器、防具などの売買ができ装備を強化することができる。また一部の敵から低確率で強力な武器の他に、振ることでどこでも操作キャラクターを変身できる特殊な武器なども手に入れることができる。

RPG要素に加えてキャラクターを切り替えて障害を突破するといったメトロイドヴァニア的探索要素もあり、極めて完成度、評価の高い作品。

海外ではワンダーボーイシリーズに括られているが、これは米ウエストン社製の「ワンダーボーイ」の続編であるアーケードゲーム「ワンダーボーイ モンスターランド」がセガマークⅢに移植された際にゲームタイトルが「スーパーワンダーボーイ モンスターワールド」と改められたのが始まり。海外では「Wonder Boy Ⅲ: The Dragon’s Trap」として、セガ・マスターシステムからリリースされた。

2017年、ニンテンドースイッチで「Wonder Boy The Dragon’s Trap」としてリメイクされ、スティック押し込みで、マスターシステム版(ゲームギア版移植元)とグラフィック、BGMの切り替えが行える。当時の操作感をそのまま活かしつつビジュアル面に大きく手を加えたリメイクには当時のファンからも高い評価を受けている。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by wrongman
武器や通路を探す楽しさ!

正直あのワンダーボーイ (もしくは高橋名人の冒険島)の続編とは思えない程進化しています!

スキルの概念が無い分武器が特徴的で、ブロックを壊す「サンダーソード」、逆にブロックを生み出す「マジカルソード」、振るとどこでも変身できる「タスマニアンソード」、弱いけど敵を倒すと貰えるお金が倍になる「ラッキーソード」など効果が多彩です。ブロックを破壊したり壁に張り付いて登ったりしながら次に行く道を発見するのも楽しい!

ゲームギアで一番好きなタイトルのひとつです。