T2 ジャッジメントデイ


発売日:1994年9月30日
ジャンル:アクション
メーカー:アクレイムジャパン
定価:4,500円
人数:1

名作映画「ターミネーター2」が題材となった横スクロールアクションゲーム。ファイナルファイトやベアナックル同様フィールド上の敵を殲滅して進んでいくアリーナ型のステージや、エレベーターで上へ上っていき、フロアに複数ある部屋から次のフロアに進むカードキーを探すステージなどがある。基本はジャンプと攻撃程度のアクションに限られ、ステージによってパンチ、銃撃といった手段が異なる。銃弾には限りがあり、ゲージで表示される。

全体的に古き良き大味な洋ゲーの挙動が多く、当たり判定が曖昧だったり、ラスボスを含むどの敵も基本的には連打で倒せてしまったり、操作キャラであるターミネーターが画面上部に移ると体力ゲージの表示位置が変わってしまう小さなバグがあったり、シーンに合わないBGMは極端に少なかったり(エンディングとステージ1のBGMが同じ)、残機が無くなった際にはゲームオーバーの画面すら出ることなく被弾の瞬間にタイトル画面(SEGAのロゴ画面)に戻されたりといった大雑把さが見られる。

その大雑把さ故全体的な難易度も低くボリュームも少ないため、ステージを理解していれば15分程度で全ステージをクリアできてしまう。ステージ間にはターミネーターやコナーの映像が挟まれるが、動きも特に見られず、テキスト(英文)のみでストーリーが語られる。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー