ファンタジーゾーンGear オパオパJr.の冒険


発売日:1991年7月19日
ジャンル:シューティング
メーカー:シムス
定価:3,900円
人数:1

卵型のボディに翼の生えた「オパオパ」が活躍する名作横スクロールシューティングゲーム。

ステージは左右どちらか一方にスクロールするのではなくオパオパが向いた方向にスクロールし、縦横無尽に飛ぶことができる構造。また地面に着地するとオパオパに足が出てきて二足歩行をする。
敵を撃破して資金を貯めてステージ上に存在する風船に触れるとショップで強化アイテムや残機を購入することができるシステムは、当時シューティングの概念を変える画期的なものだった。
ステージに登場する10のシンボルを全て破壊することでボスが現れ、撃破することでステージクリアとなる。敵の数や弾幕によって処理落ちも発生するほど、後半になるにつれて敵の攻撃は激しく、難易度は高い。特にボス戦ではシビアな当たり判定と敵の硬さからかなりの長期戦を求められることもあり、さらに一度ミスをすると強化した装備が全てリセットされてしまう。

全体的に明るいパステルカラーの世界とサンバ調の警戒で明るいBGMも特徴的。

アーケードに始まってセガマークⅢ、ファミコン、PCエンジン、Playstation2〜3(復刻版)をはじめ、携帯電話など様々なハードでリリースされてきたが、ゲームギアについては完全オリジナル。

また主人公オパオパはかつて今でいうソニックと同等のセガ看板キャラクターであり、同社製品「超高速光線銃ジリオン」という光線銃玩具の販促として作られた名作アニメ「赤い光弾ジリオン」にレギュラーキャラとして登場している。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー