スペースハリアー


発売日:1991年12月28日
ジャンル:シューティング
メーカー:セガ
定価:3,500円
人数:1

1985年にアーケードゲームとして登場し、世界中のプレイヤーを魅了した伝説的ゲーム。その色鮮やかでハイスピードな映像処理に様々な技術が採用されたが、ステージ数や背景など若干のボリュームダウンはなされたものの、携帯機であるゲームギアで見事に再現。主人公ハリアーを上下左右に操作しながら迫り来る敵や障害物を避けて、ショットガンを撃ちながら駆け抜けるハイスピード擬似3Dシューティング。ステージの最後には巨大なボスが登場し、撃破すると次のステージへ進むことができる。指定のステージクリア後、巨大な竜に飛び乗って障害物を破壊しながら進むボーナスステージがある。巨大なモンスターの他に機械化されたモノアイのマンモスや巨大ロボットなど、近未来SF色漂う世界観も特徴的。

ステージが進むにつれて敵の攻撃は激しくスピードも速くなっていく。難易度も高く、操作に慣れるまではステージ1で何度もミスを繰り返すことも珍しくない。

ゲームギア版は全12ステージ。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by jigokuthunder
なぜアレンジした。。

ゲームギアとほぼ同等の性能を持つハードといえばセガマーク3。その中でも傑作として名高い「スペースハリアー」。グラフィックこそそれなりだが、ゲームとしての本質がしっかり移植されていることでセガ信者も高い評価を与えていた。
というわけでゲームギア版。基本的にマーク3と一緒だから、まぁゲーム性は遜色無く遊べるんだが、キャラのみてくれがだいぶアレンジされていて、どうにも違和感が、と言った感じ。
メガドライブのスペースハリアー2といい、何故アレンジしたし!と声に出して叫びたくなった。イメージを大事にしてるんだがしてないんだか今ひとつよくんわからんとこがあるタイトルだな、スペースハリアー。
体感ゲームを持ち運んでできる!というだけで感動できた時代の良きタイトル。