ぎゅわんぶらあ自己中心派


発売日:1992年6月12日
ジャンル:パーティー
メーカー:セガ
定価:3,800円
人数:1〜2

1980年代、かつて「週刊ヤングマガジン」に連載されていた片山まさゆき氏の漫画が原作の麻雀ゲーム。

ゲームモードはフリー対戦、勝ち抜き戦、通信ケーブルを使ったチーム戦がある。フリー対戦では対戦相手として、他の有名漫画、アニメを模した80年代でお馴染みの片山まさゆき氏による24種類からなる豊富なキャラクターから選ぶことができる。それぞれ戦い方の特徴が異なるが、主人公はなぜかバニーガール固定となっている。
ゲームは極めてシンプルで、特に派手なエフェクトが挟まれたり、麻雀以外のコンテンツが含まれているわけではないが、チャンスが訪れるとキャラクター毎に固有の反応やセリフを発する程度のリアクションを見せる。役が未完成のまま上がってしまうこともでき、錯和扱いとなって罰符を課せられる。

勝ち抜き戦は全12回とぶっ続けでプレイするにはかなりの長期戦を求められるが、パスワード制となっており、控えることで中断、再開が可能。全12回の勝ち抜き戦を勝ち抜くとトロフィーが獲得(表示)でき、エンディングが始まる。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー