シャダム・クルセイダー ~遙かなる王国~


発売日:1992年9月18日
ジャンル:RPG
メーカー:セガ
定価:5,500円
人数:1

オーソドックスな2D見下ろし型ロールプレイングゲーム。アラビアンアイトを思わせるエキゾチックな世界観。

ストーリーの進行に伴いメンバーが追加されていく。それぞれのメンバーには特有のコマンドが設けられていたり、レベルでの成長ではなくアイテム使用によるステータスアップや、ストーリー進行中隠された石碑を見つけることで新たな魔法を身につけたりと育成方法が異なるなど、キャラクターによって個性があり、当時のRPGの中では戦略的な戦闘が楽しめる。

また移動には場所を問わずオートセーブ機能が備わっており、セーブ、ロードの煩わしさから解放された快適なユーザービリティや、特定のボスにおいては撃破時に断末魔が音声として再生されるなどかなり前衛的な試みも見られた。

また当時パッケージに同封されていた説明書(マニュアル)には、当時開発メンバーが皆いかに不幸だったかといった不平不満が綴られており、せっかく購入したプレイヤー達を妙な気持ちにさせたり、主人公の名前が固定で「おうじ」だったりと多少空気の読めない印象はあるものの、そこが許容できれば極めて品質も高い作品。

タイトル「Defenders of Oasis」として海外へも展開されており、国内の美男子キャラから一変して上半身が裸で筋肉隆々の青年になっている。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by 通りすがり
夢中になって遊んだRPG

当時あれこれソフトの選択肢が無かったこともあって、メチャクチャやり込んだ。

オートセーブは画期的だったけど、一度ストーリーを進めてしまうとやり直しが効かなかった。魔人のドーピングの成長システムはよくわかっていなかったから、最後の方は弱くてただの足手まといだった。

でも、一国の王子が仲間と国を取り戻すという超王道のシチュエーションには子供ながらにワクワクしたし、夢中になって遊んだ記憶がある。バランスも悪くなかった。

そしてこんなサイトがあったとは。まだあまり活発ではなさそうですが、今後もちょいちょい覗きにきてみます。