スーパー桃太郎電鉄III


発売日:1995年12月15日
ジャンル:パーティー
メーカー:ハドソン
定価:5,800円
人数:1〜2

プレイヤーは電鉄会社の社長となり、サイコロを振って出た数だけマス目を進めていく。目的地を経由しながら日本全国各地の「物件」を購入して収益を上げ、総資産で勝敗を決める言わずと知れた国民的ボードゲーム型パーティーゲーム「桃鉄」こと桃太郎電鉄シリーズのゲームギア版。スーパーファミコンで発売された同名タイトルがベースとなった移植作。グラフィックやサウンドにおいてはスーパーファミコン版に及ばないものの、システム自体はそれらに大きく左右されにくく、ゲームギアで安定して桃鉄が遊べる貴重な作品。

過去シリーズから、プラス、マイナス駅をはじめ、イベント等で発生する収支が年数に比例する仕様になったほか、独占することで倍増していた収益率マイナスの物件は半減する仕様に変更。また、キングボンビーの対抗策となるメカボンビーを購入できるロボット研究所も初登場。その他収益率の幅が広がり、物件の種類も過去作から増加するなどの改善がされている。

浜松駅の周りにある花畑の一番左上を調べるとサウンドテストができるほか、カードを1枚以上所有した状態で、11月に「ちいきデータ」で鹿児島の温泉を調べると、シリーズ恒例の女風呂が覗ける裏技あり。

通史ケーブルを使用することで対戦プレイも可能。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー