闘え!プロ野球ツインリーグ


発売日:1995年7月14日
ジャンル:スポーツ
メーカー:セガ
定価:3,800円
人数:1〜2

NPB公認の野球ゲームで選手は実在の選手最新版(95年当時)が採用され、選手の各種データはプロ野球データベースシステムBISの公式記録が使用されている。キャラクターは実況パワフルプロ野球に近い2頭身の丸みを帯びたビジュアルで描かれている。プレイ可能なモードは12球団全チームとオープンモード、トーナメント形式で日本一を決めるトーナメントモードがある。球場はビッグドーム、センバツきゅうじょう、ベイサイドスタジアム、スカイドームの4つから選択可能。指名打者の有無、イニング数の変更に加えて審判の掛け声(音声)の有無も選択可能。バッティング時はバッター側からの、ピッチング時はピッチャー側から背中越しの三人称視点となる。ホームランになるとボールが客席に飛んでいき、花火が上がるカットインが差し込まれるという演出もある。パスワード制によってトーナメントモードを中断、途中から再開することが可能。シンプルでありながらテンポやレスポンスも良好で、ゲームギアの野球ゲームの中でも遊びやすく評価の高い作品。通信ケーブルを使った対戦プレイも可能。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー