バスターファイト


発売日:1994年2月11日
ジャンル:格闘
メーカー:セガ
定価:3,800円
人数:1〜2

20XX年の近来が舞台となるSF対戦格闘ゲーム。忍者やサイボーグといった4人のキャラクターから選択し、ストーリーモードでは各キャラクターが別のキャラクターと、最終戦ではエイリアンと対戦する。キャラクター毎にスピードやパワー、伸縮性のあるロボットの体によるリーチの差といった個体差がある。システムはシンプルで、国内の有名格闘ゲームのキャラクターに比べるとビジュアル面でも印象には残りにくかったり、キャラクターこそ少ないが、格闘ゲームの肝となるスピード感やキーレスポンスの良さから操作性は良好。ジャンプは上キーではなく1ボタンで、十字キーを左右に入れながら1ボタンを押すことでダッシュ、バックステップになる。ゲームギアの対戦格闘の中で、海外産という枠でモータルコンバットシリーズと比較されることもあるが、遊びやすさ、動きの滑らかさでいえばこちらの評価が高い。ステージ2の後にはストリートファイターⅡに似た自動車破壊のミニゲームがある。

海外ではセガマスターシステムから「マスターズオブコンバット」という名称で発売されているが、日本でのい発売されたこのゲームギア版も全て英語表記となっている。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by プル12
クセがスゴい

海外製かと思う程キャラが濃かったり、格ゲーの主流に倣わない独特の操作だったりとクセはありますが、餓狼スペが出る前の当時としては繰り返し遊んでました。
フィニッシュ時の妙な爽快感がクセになります。
クリア後に裏技のコマンドをボスが教えてくれますが、その時2Pカラーなのがニクい演出ですね。
プレイアブルキャラは計5人となります。
寂しさはありますけどその後の同ジャンルではキャラが増えて行ったので、バスターファイトが進むべき方向を示してくれたのだと信じています。