女神転生外伝 ラストバイブルスペシャル


発売日:1995年3月24日
ジャンル:RPG
メーカー:セガ
定価:5,500円
人数:1〜2

ゲームギアのみ発売された完全オリジナルの女神転生外伝。前作LastBibleの見下ろし2D視点から一変して、3D視点へ。ダンジョンをクリアしたらホームへ戻り体制を整え、次の新たなダンジョンへ進んでいくダンジョン探索型RPG。

辛うじて悪魔との交渉や合成システムでシリーズらしさを保ちつつも、実際の内容は拠点で様々な職業の仲間を募り、育て、仕掛けのある3Dダンジョンへ潜入していくシステムは、女神転生というよりもむしろウィザードリィに近い。職業の種類も多彩で、戦士、魔法使いといった馴染みのあるものから神官戦士、隊長、グラディエータといったハイグレードのもの、通訳、木こり、催眠術師、物乞いといった変わり種まで多種多様に存在する。仲間(人間)は転職で新たな魔法を覚えていくことができる。このシステムによって魔獣に比べて人間の方が強化し易いため、女神転生らしい仲魔パーティーを組まず、得てして人間のみのパーティーになりがち。

難易度は全体的に高め。なぜか後続のシリーズで一切触れられることは無く、どこか黒歴史的な扱いをされている印象は拭えないものの、全体を通して完成度は高く、プレイヤーからの評価も低くない。ただし上述の通りあまりにも女神転生からかけ離れた雰囲気によって、プレイヤー間でも本作を女神転生シリーズと括って良いのか困惑してしまい、なんとなく話題に出しづらい雰囲気を醸し出しているし、実際に好きな女神転生シリーズで本作を挙げるのはリスクが大きい。

オープニングはシビアでダークな作品のテイストに反してかなりビビッドで前衛的、アーティスティックな映像となっている。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by ロキ
メガテンではない

ほぼ人間のパーティ編成になるため、育成要素の無い仲魔は全く使いどころが無い。ましてや悪魔合体なんてやったこと無いかもしれない。広場で人間の仲間を集めて育成してく方が楽しい。
wizardry的ではあるけれど、これは女神転生ではない。これでもし仲間に成長、育成要素があればかなりの秀作だったかもしれない。