女神転生外伝 ラストバイブル


発売日:1994年4月22日
ジャンル:RPG
メーカー:セガ
定価:5,500円
人数:1

人気RPG「女神転生」の外伝的位置付け。当時シリーズオリジナルの3D視点ではなく、2D見下ろし視点。1992年12月23日、先にゲームボーイでリリースされた作品の移植作品。イベント時のカットインシーンが挿入され、GB版にはあった対戦機能が代わりに排除。またボタンを押しながら移動するとダッシュができるなどユーザビリティ面でも若干の改善が見られる。

シリーズお馴染みの悪魔との交渉、合成システムをはじめ、各地に散らばる「ほね」を集めることでレアな仲魔を加えたり、特定の条件で獲得でき、複数回ターンで使用することで発動する協力な魔法探しなど探索要素もあり。仲魔にはレベルによる成長が無いため、基本的には仲魔にするキャラクター依存でパーティーの強さが決まる。悪魔合体では低い確率でミューテーションという合体事故が発生し、協力な仲魔が生まれる可能性もあり。

並行して発売されていた真・女神転生シリーズに比べるとSF、ファンタジー色は強いものの、独特のダークな雰囲気は人気が高く、後続の2、3へも継承されている。

続編がリリースされただけあって全体的なバランスやシステムも評価が高く、プレイし易い。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー