ペンゴ


発売日:1990年10月6日
ジャンル:パズル
メーカー:セガ
定価:3,500円
人数:1

アーケードゲームとして人気だったアクションパズルゲームで、主人公のペンギン「ペンゴ」がアイスブロックを蹴り飛ばして敵キャラクター「スノービー」にぶつけ、押しつぶして倒す。ステージ上のスノービーを全て倒せばステージクリア。同時に複数体倒せばボーナス得点が加算される。

外壁の前でボタンを押すと壁を揺らすことができ、接触していたスノービーは一定時間麻痺状態になり、その間にスノービーに触れることで捕獲でき、ボーナス得点が加算される。

またステージに設置されている3つのダイヤモンドブロックを並べることでもボーナス得点が加算され、ステージ上のスノービーが麻痺状態になる。

スノービーがペンゴをすり抜けてしまうなどのバグもありながら、1画面上で戦略的な行動ができる本作は人気も高く、アーケード版から8年後初めて家庭用に移植されたのはゲームギア版が初で、当時のファンから喜びの声が多く挙がった。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by jigokuthunder
待ちに待ったペンゴ!

ゲームギアのローンチタイトル3本のうちの1本がこのタイトル「ペンゴ」
古参アーケードゲーマーにはお馴染みのタイトルであり、ポップなキャラクターと軽快なBGMで当時からかなり人気のあったタイトルではある。しかしながら、ローンチに「ペンゴ」?と若干思ったものの、別ハードへの移植も無かったので迷わず購入!
なんかキャラの大きさ、ブロックの大きさに違和感を感じつつも、「これがカラー携帯機だぜ!」と言わんばかりに持ち歩いて結構遊んだ。ダイヤモンドブロックを揃えるというパズル的要素も入っているところが何気にペンゴのすごいところで、深いゲーム性を実現している。
名作、とは言わずとも良作、レベルにはあげていいと思うが、今だに「ローンチで、ペンゴ?」という疑問は抱え込んだまま。