琉球


発売日:1991年5月31日
ジャンル:パズル
メーカー:フェイス
定価:3,800円
人数:1〜2

パソコンからアーケードやPCエンジンなどのコンシューマー機を経由して移植されてきた名作パズルゲーム。縦横5マス計25マスのスペースにカードを並べ、縦横斜めの並びでより高いポーカーの役を作っていく。

ゲームモードは全部で3つあり、ラウンドごとに設定された点数を超えることでステージクリアとなる1Pモード、上限無く記録に挑戦するTRY-1モード、同じ配列のカードを並べて焼くの合計点数を競う対戦モードがある。1Pモードでは、ラウンド毎に設定された規定点以上の得点を出した場合にストックとして次回に持ち越されるため、規定点に到達した場合でもより大きな得点を獲得することで次のステージを有利に進めることができる。対戦モードは当時ゲームギアオリジナルの機能で、スリーカード以上の大きな役を作ることで、合相手側のカードを裏返しして見えなくさせることができる。

プレイ中に流れる沖縄民謡風のBGMも種類が豊富。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by ショルダー
真ん中はジョーカー!

このソフトのパッケージにはの健康的な水着おねーさんの写真が掲載されており、ちょいとお色気を期待してしまいました(笑)

しかしながらゲーム内容はいたって健全で、25枚のトランプを並べてポーカーの役づくりをするものです。
ゲームギアの他にPCエンジンやパソコン用ソフトとしても発売されている名作パズルゲームです。このタイトルは2019年に入ってからプレイしたのですが、時間を忘れてハマってしまう不思議な魅力が有りました。
(結局、1Pモードを1日で制覇してしまいました)

ちなみにこのゲームの攻略のカギは、タテ5枚ヨコ5枚に並べるトランプの中央はジョーカーをいかに置けるか?と、高得点の役をナナメ(得点2倍)に揃えられるか?にかかています。