シャイニング・フォース外伝II ~邪神の覚醒~


発売日:1993年6月25日
ジャンル:RPG
メーカー:セガ
定価:5,500円
人数:1

ゲームギア版シャイニングフォース外伝シリーズ2作目。ストーリーは前作「シャイニング・フォース外伝 遠征・邪神の国へ」から2年後という設定で繋がっている。前作からのキャラクターが一部戦闘メンバーとしても参加するクロスオーバー的な構成になっており、ストーリーも本作で完結する。前作同様全体的なバランスも良く、ゲームギア名作シミュレーションRPGのひとつ。前作から大きなシステムの変化は見られないものの、グラフィックがより細かく書き込まれたりといった改良点もあり。敵のHPがやや前作よりも高く設定されているため、難易度も若干上がっている。

レベル10以上で実施可能な転職の際にレベルが1に戻ることによるステータスの低下は無いため、前作とは違い、高くレベルを上げてから転職することで強力なキャラクターを作ることができる。エースの寄せ集めではなく、見習い部隊である主人公率いるメンバーたちが大きく成長していくストーリー設定も評価が高い。

「リターン」の魔法かアイテム「てんしのはね」を使用することでステージから離脱し、繰り返しステージをやり直すことで経験値や資金を稼ぐことができる。前髪が片目にかかるその風貌から、主人公は「幾多郎」「キタロー」と呼ばれることもある。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by akira
バランスの良さはシリーズ最高!

懐かしくて投稿します。
全シリーズプレイしましたが、バランスの良さはこのⅡが最高でした。人数が規定数を超える時にナターシャ部隊と別行動になる展開のさせ方は秀逸。シャイニングフォースのような、バランス重視でシンプルなシミュレーションRPGを最近見なくなりましたね。