ドラゴンクリスタル ツラニの迷宮


発売日:1990年12月22日
ジャンル:RPG
メーカー:セガ
定価:3,500円
人数:1

ゲームギア初のRPG。今でこそ「風来のシレン」などポピュラーになったが、プレイする度に変化するステージの構造、プレイヤーと敵とが同タイミングに行動を行うターン制、投げるか使用するかしなければ何のアイテムなのかが分からないシステムは1990年当時どのハードにおいても珍しく、ローグライクRPGの先駆け的タイトル。森林や石造の並ぶ遺跡など全30ステージを進み、最終ステージにある聖杯を獲得すればゲームクリア。

「満腹度」のパラメータは食料を獲得することで増加、行動することで少しずつHPが回復する。一方行動することでこの満腹度が減っていき、ゼロになると行動する度にHPが下がっていく。モンスターの攻撃もバラエティ豊かで、通常のダメージや状態異常に加え、上記の食糧を盗んだり最大HPやレベルを下げてきたり、装備品を錆びさせたりする攻撃パターンもあり。

電源を入れた直後からゲームが始まるまでSTARTボタンを連打し続けることにより、アイテムがたくさん獲得できる部屋からスタートする確率が高くなる。

海外での名称は「Fatal Labyrinth」。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by jigokuthunder
時代の先取り感半端ねえ

いわゆるローグライクRPGの先駆け的な作品が本作。
パソコンでテキストをグラフィックとして読み替えてプレイしていたような世代には「ローグライク」ときいてすぐピンと来る感じですが、今だに説明してわかってもらえるのかなあー、システム。ダンジョンが可変するRPG?ってめちゃくちゃ簡単に略してみましたが。「いつでも、どこでもできる!」という携帯型ゲーム機との相性を考えてこのスタイルのRPGを投入したんだとしたら、まさしくセガ恐るべし!と言ったところで、暇つぶしによく遊んだ思い出もありますがここでも電池との闘いがあったなー、と。
後に、メガドライブのメガモデム作品「死の迷宮」にもスタイルがまんま、使われたとかいうエピソードもこのタイトルの完成度の高さを示してるんじゃないかと。
あと、余談ですが発売当初から「ツラニ」って単語のなんかもっさりした感じが気になってます、未だに。