ロイアル・ストーン 開かれし時の扉


発売日:1995年2月24日
ジャンル:RPG
メーカー:セガ
定価:4,800円
人数:1

前作「アーリエル」からの流れを汲むシミュレーションRPG。当時人気を博していたイラストレーター「九月姫」の可愛いパッケージとは打って変わり、人間同士の争い、陰謀、裏切り、といった人の業を描いた重厚でドラマティックで感動的なストーリーも評価が高く、ゲームギアRPGの中でも特に人気の高い名作。

同じくゲームギアのシミュレーションRPG「シャイニング・フォース」シリーズのようなフィールド上のキャラクターが敵味方すばやさ順に入り乱れて行動するスタイルに対して、本作では敵味方交互に行動するターン制となっている。また任天堂のファイアーエムブレムシリーズと同じく、戦闘中に死亡した仲間は復活させることができない。相手と戦うか魔法を使うかしなければ相手の正体が分からない独創的なシステムも本作の特徴。経験値によるレベルアップに加えてクラスチェンジによってキャラクターを成長させることができる。モンスターを一定確率でパーティーに加えることができる。

ゲームギア後期の作品ということもあり、ビジュアルや表現の面でもクオリティが高く、快適なユーザビリティにも定評がある。

レビューを書く
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

このゲームの評価・レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by たっちゃん
晩期の名作

パッケージのイラストから想像もできない鬱ストーリー。大河系ストーリーの重厚感もシステムも、シャイニングフォースよりも好き。これをゲームギアミクロにラインナップしてくれたのは流石のセンス、制作側に感謝。

それにしてもゲームギアのRPGはシャダムクルセイダーと良いモルドリアンといいどれも一癖あるけれど面白いから侮れないですね。