ワンダーボーイ


発売日:1990年12月8日
ジャンル:アクション
メーカー:セガ
定価:3,600円
人数:1

海外のメーカーである「エスケイプ(後のウエストン)」社が開発し、セガが稼働した横スクロールアクションのアーケードゲームで、セガマークⅢ版を携帯機向けにアレンジしたゲームギア初期のタイトル。

時間の経過や障害粒との接触により体力のゲージが下がっていき、体力がゼロになるとミス。フルーツなどステージ上に登場する食べ物で、減った体力が回復する。各ラウンドに配置されている人形を全て集めなければ最終ステージに行くことができないが、障害物である岩の中に隠されているなど見つけ出すのが難しいものもある。

その後シリーズを重ねる毎に、ゲーム中に獲得した通貨で武器やアイテムを購入するRPGの要素が採用され、後の「モンスターワールド」へと大きく進化を遂げていった。

操作キャラクターには滑るような惰性やステージの構成など全体的に名作ファミコン「高橋名人の冒険島」に似た構成になっており、日本においては同作の方が知名度が高くなってしまったが、ワンダーボーイがオリジナル。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー